ひどいむし歯の痛くない治療法!

むし歯は、口のなかに常在している細菌の感染により歯質が軟らかくなり、崩壊していく病気です。細菌、砂糖、歯質は要因です。虫歯は虫歯菌が大好きな砂糖を過剰に摂取する頻度が増えたり、歯磨きが不十分な時期が続いたりするなどの生活習慣の悪化が原因です。中に棲む原因菌を分泌する酸が歯を溶かすことで起ります。虫歯にならないように、はやく予防しなければなりません。

1.どうして虫歯になるか?
虫歯の原因はさまざまで、人それぞれの生活習慣や環境などが複雑に絡み合って発症する病気なのです。主に細菌、砂糖、歯質は要因です。

・口腔内には多くの細菌が存在します。中には多くの原因は虫歯菌としてのミュータンス菌です。人の口腔内にも存在し、虫歯の原因菌の一つで、歯垢をつくり、歯を溶かす酸をつくります。歯垢を形成した後、臼歯の咬合面の溝に付着しています。

・よく甘いものを食べている人は虫歯になりやすいといわれます。キャンディなどの甘いものは虫歯菌が酸を作りやすい食べ物です。ミュータンス菌は確かに虫歯の原因ですが、虫歯菌を形成するために、糖類は足りないものです。また、非糖質系の甘味度が砂糖の2万倍から3万倍ありごく微量で甘さを発揮することができます。糖分の摂取が頻繁で、酸の緩衝や再石灰化が間に合わずに脱灰された状態が続くと、その部分はそのうち崩壊することとなります。

・また、自分の歯質は歯の強さやだ液の力によって虫歯になりやすいかどうかが左右されます。通常目に見えている部分はエナメル質です。エナメル質はとても硬い物質ですが、稀に歯の形成段階での石灰化が不十分で、「歯の質が弱い」という状態で、虫歯になりやすい質といいます。

2.どうすれば虫歯を予防する?

毎日少なくとも2回歯を磨きます。特に寝る前に、口腔衛生に注意する必要があります。細菌は飲食物の中の糖分を摂取・分解して酸を出します。それを予防したほうがいいです。できるだけフッ素を含む歯磨き粉を使います。甘いものの減少が必要となります。甘い物は歯に悪く、虫歯の原因になる悪い食べ物の代表のように言われています。食品の中には、スポーツドリンクなど思いのほか糖分の多いものがありますので、食べた後、ちゃんと歯を磨いてください。エナメル質形成不全は虫歯の原因です。硬いエナメル質に守られていないので、小さな虫歯でも進行が早く、すぐに大きな虫歯へとなってしまいます。ご飯を食べているとき、食べ物は歯に残しやすいです。エナメル質形成不全の治療は大切だと思います。